こんにちは。

ケアーズ広島佐伯の可部です。

 

3月になって、だいぶ暖かくなりましたね。

 

3月と言えば、卒業シーズンですね。

私事ですが、うちの次女も今年で保育園を卒園します。

4月からは、ピカピカの小学1年生です!!

 

 

子供の成長は、早いですね~。

コロナ渦で、色々と制限がある世の中ですが、楽しく充実した小学校生活を送って欲しいものです。

 

 

 

それでは、、、

本日は、階段昇降の動作手順について、紹介したいと思います。

 

 

 

階段を昇る

まずは、階段を昇る動作についてです。

手順としては、、、

下の図のように、良い足→悪い足の順番で行います。

この時、悪い足は、良い足の隣に揃えるようにして行います。

これを繰り返して階段を昇ります。

手すりを使用する場合は、手すりを持ったまま、この動作手順で行います。

杖を使用する場合は、杖→良い足→悪い足の順番で行います。

 

 

階段の昇りは、体重を上に持ち上げていく動作となります。

このため、最初に出した足に負担がかかります。

悪い足から、動作を行うと痛みがでたり動作が不安定となってしまいます。

このため、良い足から行います。

 

階段を降りる

次は、階段を降りる動作についてです。

手順としては、、、

下の図のように、悪い足→良い足の順番で行います。

この時、良い足は、悪い足の隣に揃えるようにして行います。

これを繰り返して階段を降ります。

手すりを使用する場合は、手すりを持ったまま、この動作手順で行います。

杖を使用する場合は、杖→悪い足→良い足の順番で行います。

 

 

階段を降りるのは、体重の重みに足でブレーキをかけながら下へ降りていく動作となります。

このため、出した足と反対の軸足に負担がかかります。

良い足から、動作を行うと痛みがでたり動作が不安定となってしまいます。

このため、悪い足から行います。

 

以上が階段昇降の動作手順となります。

参考にしてみて下さい。

お一人での練習が難しい場合などは、専門家へ相談することをお勧めします。